FC2ブログ

階段下のすいそう

さかなたちとみずくさと他すきなものもろもろ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やるきになります!ぽちっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どうも、お久しぶりです。
仕事でちょいとやらかしまして、更新できませんでした…
いやー辛かった。気を取り直してブログの方も更新していきたいと思います。


さて早速ですがなんちゃってAPサンドを作ってみました。
ただ本物のAPサンドを見たことないので
「全然違うじゃねーか!ばーかばーか!」
なんて言わないでくださいね、泣いちゃいます。

さてレシピですが用意したものがこちら。







どれもチャー○さんで購入できるものを選びました。

これをよーく洗います。

DSC_6135.jpg


DSC_6134.jpg


DSC_6133.jpg


はい、どうでしょうか!
この3種類をよく乾かして…

DSC_6136.jpg

適当にブレンドします。

DSC_6138.jpg


サテライトにドボンしました。
どうでしょう!

DSC_6139.jpg


なかなかいいんじゃないでしょうか?

それと最後にこちら…

DSC_6142.jpg

中身はいったいなんでしょね!?
スポンサーサイト
やるきになります!ぽちっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
さて前回の記事でLEDテープ照明は失敗で終わりましたが
お次はインバーター式蛍光灯照明を作成していきます。

部品はこちら。

DSC_6102.jpg

DSC_6105.jpg

・部品
電球型蛍光灯(消費電力20w 100w相当) 1個 ¥900
FLソケット(G13用)                2個 ¥300
スイッチ                      1個 ¥270
コード                       5m ¥470
ギボシ端子セット                2袋 ¥400
突合せ接続子                  1袋 ¥280
プラスチックケース               1個 ¥300
蛍光灯(15w)                   1本 ¥1000

合計 ¥3920

チャー○さんで買うインバーター蛍光灯より安くなりました。

では組み上げていきましょう。

まず電球型蛍光灯をのこぎりなどでガラス部分を切ります。
欠片や切り口でケガをしないように気を付けてくださいね。

DSC_6103.jpg

インバーター部分が出てきました。

DSC_6104.jpg

赤と黒の線が口金に繋がっていると思いますのでなるべく口金付近で切断してください。

次に下の画像のコードが付いている根本に銅線が巻きついていると思いますので外します。
そのあとコードをハンダ付け、熱収縮チューブで絶縁します。

DSC_6108.jpg

FLソケットから伸びているコードと5mのコードを適当な長さに切ったものを突合せ接続子で圧着します。

下の画像はFLソケット~インバーターまでのコードの接続部分です。
ギボシ端子で接続してるのはインバーター部分の交換を簡単にするためです。

DSC_6109.jpg

さて配線が終わりましたらいよいよ点灯させてみましょう!

DSC_6106.jpg

はい、点きましたね!完璧です!

DSC_6107.jpg

先ほどFLソケットとインバーター部分をギボシ端子で…と話しましたが理由があります。
その理由というのが今回のDIYの最大の欠点、蛍光灯が切れるとインバーター部分が壊れるからです。
なのでいつ壊れてもすぐに交換できるように脱着可能なギボシ端子で圧着してます。

あとはプラスチックケースを加工してインバーター部分を収納しますが、それは完結編にて詳しく書こうと思います。

最後になりますがこの記事を参考にされる場合はあくまでもご自分の責任において実施してください。
やるきになります!ぽちっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
Do It Yourself!

久しぶりに自作企画です。
アピマン建造計画にLED照明を使用しようと思うのですが何分高い。
ならば自作しよう!ということで早速作ってみます。

用意したのは車のイルミネーションにも使われるLEDテープです。
昼白色と電球色の2種類を用意しました。

早速作っていきましょう!
放熱板としてアルミの板を使います。

IMG_20150415_193610.jpg

アルミ板にLEDテープを貼ります。
裏面がテープになってるので楽々貼り付けできます。

IMG_20150415_194432.jpg

いざ点灯!

IMG_20150415_220247.jpg

うん、明るい!暗闇の中では超明るい!

…そう、暗闇の中では…

実際に水槽に乗せてみると暗い…
光が水槽の底に届いていない感じ。

こうなったら蛍光灯を自作するしかない…
次回、蛍光灯の自作に挑む!
やるきになります!ぽちっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
予定です。予定。

いろいろ考えているのですがおちんぎんが…間に合いません…(´・ω・`。)

LEDテープで水草は育成できるのか、とか。
調べてみるとスペクトルとかいろいろと足りないようなので難しそうですが挑戦してみます。
部品は注文したので届くのを待つのみです。

それと今後控えているアピマン建造計画の練習として、

IMG_20150406_201236_R.jpg

小物棚の製作もしたいと思います。
いつもは適当に設計図を描き、適当に組み上げていたので今回はきちんと、
PCで設計図を描き、綺麗に作っていこうと思います。美意識!大事!

美意識で思い出しましたがトニナが哀れな姿になってしまいました…
やっぱり難しいですね。原因はおそらく低pHの維持ができなかったこと。
もちろんそれだけではないとは思いますが、今日計測したらなんと6.8もありました。
ゴワーフなんちゃらは這ってきてます。意外です。

そういえば、アガシジィのオスをメスに仮釈放させてみました。…がメスを襲います。
隔離水槽へ強制送還です。どうもまだメスが成熟しきっていないようです。
もう1週間、お見合いさせながら様子見させようと思います。
無知な飼い主でごめんね。もっと君らのこと勉強するからね。
…ということでどなたかご教授を…!

DSC_6055.jpg

どれくらい大きくなったら産むのかな…わくわくです。


やるきになります!ぽちっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
お久しぶりです、ともです!

今回はいきなりDIYカテゴリでの投稿ですが
まあだいぶ前からアピストにお熱な私…
アピストを極めるとしたら…?と考えたらありました、こんなもの!

アピストマンション!

アピストマンション、なんと素晴らしい響き…!

ただ自作するにあたってこだわりたいポイントがいくつか…

・まず自分の身長が低いからメンテしやすくするために、水槽台はなるべく低くする。

・小型水槽を6つ立ち上げるのでろ過機、ヒーター等を新規で購入するとなると金額が…
  →ということでOF水槽にする!

・OF水槽にして水槽に穴を開けるのか?
  →綺麗に開けれる自信が無いのでダブルサイフォン式の排水にする!

ざっと設計図を組んでみた感じがこちら

無題

ほんとは高さを150㎝に抑えたかったのですが、OFは初めてだし
どんな感じでメンテするのかわからなかったので
なるべく濾過槽、各水槽の高さに余裕を持たせた結果、この高さになりました。

水槽台はこれでいくとして、次は排水です。
水槽に穴を開けるのは…再利用できなくなりそうなので却下。
ダブルサイフォン式でいこうと思います。
まぁまだこちらは製作してないので写真は無いのですがだいたい1ユニット\800位で済みそうです。

濾過槽、ウールボックスは作ってみました!

まずは濾過槽。

R0012979.jpg


塩ビ板(5㎜)をバスコークで接着していきます。
…がこの作業が一番大変でした…
ずるっとずれて汚くなってしまいました…まあどうせ濾過槽だし構わないか

ちなみに材料はすべて「はざい屋さん」で購入しました。
カット込みで\4700ほどでした。

次にウールボックスを作ります。
ウールボックスは塩ビ板(3㎜)を使用しました。

R0012972.jpg

これを塩ビ用接着剤で固定していきます。

R0012973.jpg

直角がずれないように固定していきます。

R0012974.jpg

だんだんウールボックスに近づいてきました。

R0012975.jpg

引き出し部分を作りました。ここにウールマットを敷いて大きな汚れを除去します。

R0012976.jpg

サイズもぴったり、完成です!

R0012978.jpg

やっぱり仕切りの部分のバスコークが気になりますね…
まあいいでしょう…!

DSC_5734.jpg

まだ試運転はしてないので、水漏れとかちょっと不安です。
コメントなどいただければ設計図をお渡し致しますのでお気軽にどうぞ。
ですが全く同じものを作って何か不具合があっても責任は負えませんので。

今月はあっという間に過ぎて行きました。
もうあと少しで新しい年が明けますね。

DSC_5724.jpg

我が家のブセはラメがキラッキラしてます。

DSC_5730.jpg

同じピンナティフィダ(?)も水槽内で大きく育ち方が違ってて見ていて飽きません。

DSC_5732.jpg

コリドラスピグミー、群泳してるとほんと癒されますよね。

DSC_5733.jpg

さて、今年はあと何回ブログを更新できるかな…

DSC_5726.jpg
やるきになります!ぽちっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ

アピスト

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。